« FIコントローラー再取り付け | トップページ | クリアレンズ(リアウィンカー) »

再:スロットルポジションセンサー調整

台風が去った3連休の最終日(といっても土曜仕事だったので2連休)、曖昧だったスロポジセンサーの調整を再度行ってみた

サービスマニュアルだと調整方法は抵抗値ではなく電圧値で合わせるのが正しいやり方

それにはニードルポイントプローブという先端が針になっているテスターが必要、買うと結構な値段なので家にある物で自作してみた

P1000485 待ち針を平型端子へカシメてハンダで固定

これで十分だろう、材料を買い集めても500円も掛からない

測定方法は、スロットルポジションセンサーのカプラ後ろ(防水シーリングしてあります)から先程の針を差し込み、イグニッションをONにしスロットル全閉時の電圧を測定する

P1000486 測定箇所はカプラの桃色(+)と黒茶(-)間である

標準値は0.765~0.805V、調整時には0.79Vに合わせる

ちなみに前回抵抗値で合わせた数値では濃すぎである事が判明した、ECM(コンピューター)は電圧値でガソリン噴射量を計算しているので電圧で調整するべきであろう

P1000487

調整後のセンサー位置、ホワイトマークが工場出荷時の位置なのだが、明らかに合っていない(薄すぎ)事が分かる、この辺りも台湾クオリティなのだろうか・・・

FIコントローラーを補正ALL0にして10kmぐらい長めに走行をおこなった

納車時に比べてトルク感が出たがまだ少し薄い感じである、プラグの焼けをみるとやはり白い

そこでFIコントローラーの補正をALL+8にセット、するとトルクは出たが伸びが無い

その状態から補正を少しづつ減らし調整する、自分の車両では以下の数値に落ち着いた(自分が乗りやすいと思うセッティングなので他人では合ってないと思う場合もあります)

8000~ 0
7000~8000 0
6000~7000 0
5000~6000 +2
4000~5000 +2
3000~4000 +1
2000~3000 +0

しばらくこの仕様で乗ってみて、落ち着いたらデイトナのターボフィルターを取り付けてみたいと思う

|

« FIコントローラー再取り付け | トップページ | クリアレンズ(リアウィンカー) »

アドレスV125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169529/15778578

この記事へのトラックバック一覧です: 再:スロットルポジションセンサー調整:

« FIコントローラー再取り付け | トップページ | クリアレンズ(リアウィンカー) »