« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

続、CBR1000RRサービスキャンペーン

自分の予定とバイク屋さんの空いてる時間が合わずなかなか作業できなかったが、

今日は暇だったんでとりあえずバイク屋さんへ押しかけてみた、アポなしで

忙しい中、合間を縫ってもらい作業開始

カウル外す→オルタカバーを外す→フライホイールを外す→対策部品へ交換→元に戻す、の作業手順

P1010002 走行距離が5000km、ツーリングメインで使用、カウル内側スポンジ剥がし実施済とあってダメージはまだ無い様子、ステーターの下部が多少コゲてた程度

対策部品と比べても大きな違いは確認できず、コイルの耐熱性が向上したのでしょう、きっと

フライホイールは見た目全く同じ、ロット番号刻印の違いぐらいでしょうか

ちなみに作業時にはオイルが0.3Lぐらい出ます(メンテスタンドで直立させれば大丈夫かも)

走行には問題ないレベルですが銘柄指定の人は継ぎ足し用を用意しておいた方が良さそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »