« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ナイトツーリング06

行き先は江の島~横浜あたり

今回のメンバーは、TDM850、TRX850、YZF-R1、CBR600RR、Vラプター、と私のCBR1000RR、あと今回初参加のゼファー、XJR1300、CBR600F4の9台

まずは清水ICのコンビニで集合、揃った所で箱根山頂を目指しますHakone_1

コンビニは夜間閉まっているので手前の駐車場で小休憩

再び揃った所で箱根新道を下りて料金所にて休憩をとります

休憩後は西湘バイパスを走り江の島へ

ここでファミレスに入り夜食をとります

江の島の先の県道を北上し保土ヶ谷バイパスを目指しますが迷走

1号線に出れたので東へ向かい保土ヶ谷バイパスへ

そのまま東名高速に連結しているので横浜町田から高速へ

海老名→足柄→富士川とサービスエリアを経由し帰路へ

昼は暑いので夜間という企画でしたが、渋滞にはまったCBRは常時3桁水温のファン全開

最近のスーパースポーツは真夏に乗るのは厳しいです、CBR900RRの時はそれほど気にならなかったのですが・・・

当分はセローが活躍しそうです

全行程距離:260km 平均燃費17km/L

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐野林道

佐野林道向かう為に52号を南下し「とみざわ道の駅」手前の「富栄橋西」交差点を曲がり富士川を渡ります

Photo_2  県道10号を南下し身延線「いで」駅手前の踏み切りを渡り北上します

「うつぶな」から登った方が早そうですが、「天子湖」を見たかったので

しばらく走ると四差路に出ます

左折は「うつぶな」方面、右折で「天子湖」、直進で地図に道が途切れてますが「思親山」へ繋がっています

右折し舗装された林道をひたすら走ります

すると崖のはるか下に佐野川が流れてるのが確認できます

さらに進むと湖というかダムですね、下に降りれる所を探しましたが見当たりませんでした

「天子湖」を超えると橋が見えてきます、川へ下りれるダート道があるのですが工事中にて通行止めでした

この道は「芝川町」へ抜けられるみたいです

そのまま「佐野川」に沿って北上すると部落があります

左折できる道があり、その先は「西乗林道南線」になりますが、まずは北上し佐野林道を目指します

すると道が二手に分かれます、右に進んでしまいましたがどうやら「栃広林道」らしいです

P1000278_ そのまま進むとすぐにダートへ突入します

路面がかなりガレていて走りにくいです、最近通行が無かった様にも見えます

途中で景色が開けて伐採場に出ますが、作業は終わってからかなり経過している様子です

さらに進み2kmぐらいで作業小屋があり行き止まりになりますので引き返します

この林道にはガードレールがほとんど無く何かあれば谷底へ一直線です

怖いだけで楽しめないという印象でした

P1000279_ 先程の分かれ道を左へ進むとお目当ての「佐野林道」です

川沿いで路面がフラット、とても楽しい林道ですが1kmも走ると写真の様にチェーンで侵入禁止

この先には20kmにも渡る「本谷林道」がループ状に繋がってるというのに残念です

先程の「西乗林道南線」へ戻り北上します

多少ガレれる所もありますが、走りやすい林道です

途中で枝道「地図上の①」があり恐らく「西乗林道北線」と思われますが時間が押していたので今回は見送り

下りに入ると視界が開けます、本日はガスっていたので富士山までは見えませんでしたが景色は最高です

4kmぐらいでダート区間が終了し舗装路になります

そしてしばらく南下するといきなり人工物が飛び込んできます

舗装された駐車場、水洗トイレなどなぜこんな山の中に?という感じです

P1000281_ どうやら「佐野峠」という場所で日本百景に選ばれた場所らしく整備された様子です

この場所からなんと地図に無い林道が二本確認できました

「③佐野峠思親山線」「②佐野峠樋之上線」とかなり整備されている予感の林道です

しかし夕方5時を過ぎ探索する時間も残っていない為、次回への楽しみにしておきます

そのまま舗装された林道を下っていくと「いで駅」先の四差路に戻ってきます

再び県道10号→52号へ戻り帰宅となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅ヶ島林道(安部峠)

剣抜大洞林道を下りて県道809号を経由し52号に戻ります

P1000268_ そして北上し相又峡の先にゆばの里があります

ここで小休憩し地図を確認

この先の「大城入口」交差点を左折し808号線を進むと次なる目標の「梅ヶ島林道」があるはずです

がしかし!交差点を曲がった直後に小さな看板が!!

「静岡側土砂崩れのため、当分通行止め」

そんな事言っても行けるだろう、と思い進みますが3つ目の通行止め看板を確認した所で引き返しました

再びゆばの里へ戻り、これからの予定を考えます

時間は午後の3時、あまり時間が無いので現在地付近の林道を地図で探します

とみざわの富士川挟んで東側に数本の林道(ダート)が確認できます

「佐野林道」、「大谷林道」、「栃広林道」、「西乗林道南線」と大規模な林道郡です

全て回るのは無理と思い、とりあえず「佐野林道」を目指して日が落ちるまで行こうと思います

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣抜大洞林道

朝早く起きて出発しようと思っても起きられない自分

持ち物を用意して正午に出発

Photo 予定は「剣抜大洞林道」を走った後、「梅ヶ島林道」で下って戻るルートを選択

今回は本格的な林道という事もあり、バーナーとケトル、コーヒーセットを積んで行きます

ガソリンは満タンに入っているので1号→52号を北進します

途中のコンビニで水とお茶、カップラーメンを購入

P1000263_ まずは「とみざわ」の道の駅

なかなか竹になりません、このたけのこ

道の駅手前を左折し県道801号を西へ進みます

「奥山温泉」の看板を目印に進めば良いので迷わずにいけます

この福士川沿いの801号はキャンプ場が多く大変賑わっていました

途中から県道を外れて舗装された林道へ入ります、所々で工事の為ダートになってました

P1000275_ 七ツ釜滝を通過しすばらくすると「奥山温泉」の入り口があります

左折すると温泉、目的地の「剣抜大洞林道」は直進します

看板の裏がちょうど起点になります

しばらく舗装路を登るとダートに突入します、マップルに全長15kmのロングダートとの記載

しかし路面はややガレぎみです、標準空気圧では走りにくい為少し抜いてみます

まだ勝手が分からない為、フロント1.25→1、リア1.5→1.2へ落とします

幾分走り易くなった為このまま進みます、リアはチューブレスなのでもう少し落としても大丈夫かな?

5キロぐらい進んだ所でカーブを抜けると目の前に大きな動物が!

鹿でした、動物園でしか見た事が無かった為、野生となると感動するものがあります

写真を撮ろうと構えると逃げてしまい撮れませんでした、残念

P1000277_ややガレぎみ、フラットダート、簡易舗装と変わる路面を登ります

中腹ぐらいまで来た所で少し開けた場所があり、奥に枝道がありました

「この先関係者以外立ち入り禁止」の看板があった為止めておきます

そして下りに入った所でまたしても鹿が!今度は小鹿の様です

カメラを出して構えたら既にいませんでした、残念

この下りですが、かなりガレてます、マップルを見ると「ところどころガレている」の表記が

下りのガレ場はかなりきついです、安全速度+1速多用、場合によっては両足着いて下ります

この下りで3台のオフローダーとすれ違いました、この林道はとみざわ方面から登ってはいけないんだなと痛感

途中でどこかでお湯を沸かしてカップラーメンを食べようと思ったのですが、あっけなく降りてしまいました

出来るとしたら中腹ぐらいの開けた場所がベストだったのか、でもその時は腹減ってなかったし

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »