« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

清水区北部、興津川上流

いよいよ林道デビューの日がやってきました

まずは近場から慣らして行こうと思い、興津川上流をツーリングマップルでチェックします

すると、林道が2本、ダートも2本確認できます

Simiz ルートは静岡の瀬名から「林道炭焼平山線」を上り「元沢金石線」を経由して52号線で戻る計画を立てました

地図はサイトやソフトの物を使うと著作権とかに引っかかりそうなので手書きです、雰囲気だけでも感じ取ってもらえると幸いです

短い距離の為、昼食を済ましてから出発、まずは瀬名ICを目指します

ところが瀬名に入った所で雨、空が明るく止むだろうと判断し常葉短大横の201号線を北上します

数キロ北上すると民家がなくなり「林道炭焼平山線」に入ります、が雨が本降りになってきた為レインコートを着ます

前回のツーリングの教訓を生かし早めの判断です

山の中腹まで来るとなぜか10台ぐらいの路中駐車がありました

こんな山の中で?と思いながら進むと「竜南山登山道」の看板が、ハイキングの方々の車の様でした、メジャーな登山道なんでしょうか

下りに入りしばらくするといきなり酷道になります、舗装はされていますが車がすれ違えない道幅、先日の雨で道に水が流れている所もありました

そんな酷路を下り終わるといきなり道が開けます

その先には温泉「やませみの湯」とキャンプ場「やすらぎの森黒川」があります、アウトドアブームなのか、結構賑わってました

天気が回復し晴れ間も出てきたのでレインコートの上着を脱ぎます、下を脱がないのは前回のツーリングの教訓です

興津川に沿って196号線を北上します、マップルではこの先にダートの記載があります

道幅が狭くなるとバンガローが複数見えてきます、先程のキャンプ場と違い人の気配がないのでちょっと怖いです

いよいよダート突入です!マップルに「ダート1.5キロ、フラットで走りやすい」との記載

ところがガレてます、とてもフラットって言葉は当てはまらない感じです

とは言っても引き返すのもアレなんて、1速を駆使して?登っていきます

Nec_0048 そしてゲートに行く手を阻まれます、来年1月工事完了との看板があったのですがどこかと繋がるんでしょうか

ゲート前だけはフラットな路面でした、四輪がUターンする時にスタックしない様にかな?

来年もオフ車に乗ってたらまた来るとしましょう

来た道を戻るのですが、ここで重大な事に気づきます

下りが大変怖いです

ガレているのでフロントが岩に弾かれどこいくか分からない、初心者の私にとっては初めての事です

何度か転倒しそうになりましたが奇跡的に下る事に成功、腕を上げなくては危険と思い知らされました

196号を戻り、林道「元沢金石線」に入ります、入り口が分からず付近を往復してしまいました

目印は健康センター横の橋を超えます

ここはそれほど荒れてはいませんでしたが、土砂が崩れて撤去した後が数箇所ありました、先日の長雨の影響でしょうか

マップルに林道終点付近にダートの記載があるのですが、それらしき道はどうやら完全舗装されていた様です、茶畑になり行き止まりでした

これでツーリングマップルに記載がある、清水地区のダート探索が終了したので帰路に着きます

195号→75号を経由し国道52を南下します

途中のコンビニで休憩を入れ時間は4:30分、まだ早い事に気づき、由比町にある「さった峠」を目指します

52号を南下し、東名高速手前の信号を東へ進むと農道にはいります

Nec_0049 その中腹に駐車場とトイレがあります、そこから徒歩で下ると展望台がある様なのですが今回はパス

晴れていれば富士山と伊豆半島が見えるのですが、ガスっているので海と高速しか見えませんでした

その後、1号線へ出て帰宅となりました

走行距離:105km  燃費30km/L(前回ツーリング等100km含む)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セローオイル交換

昨日のツーリングで、ギア抜けする、クラッチの切れと繋がりが悪いという症状が出始めたのでオイル交換をする事に

エンジンを温めた後、アンダーガードを外しドレンからオイルを抜く

とりわけ汚れてる印象は無い、走行距離相応だが粘度が低下してる印象

念の為オイルフィルターも点検、綺麗で全く異常なし

Oil 今回入れたオイルはヤマハ純正EFERO Sports10W-40、部分合成油

購入価格は税込み1344円(いつものワイン1本分と考えると安く思える・・・)

最近パッケージが変わった様でスポーツバイクの絵が描いてあります(前はネイキッドバイクの絵)

安売り店では旧品しかなく、ひどい所は1本しか棚に置いてない所もあった、ラスト1本買ったら倉庫から新しい物を持ってくるんだろうなと思ったのでパス

近くのオートバイ用品店では新旧入り混じって棚に置いてありました、良心的なのか適当なのだろうか

買ったのはもちろん新パッケージの方、ヤマハのHP見る限りでは中身に変更は無いっぽいが新しい物に越したことはない

容量は1Lなので何も考えずに全部入れます、ノズルをもらっておくと便利です

そして試運転、交換前とは明らかに別物です!

シフトの入り、クラッチの繋がり具合がスムーズです

長期間放置の影響があったのか、それとも入ってたオイルのグレード(粘度)が低かったのか?

この状態を基準にして今後のオイル交換時期を考えて行きたいと思う

1Lなので半年もしくは1000kmでもいいかな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

清里ツーリング

2ヶ月ぶりのツーリング、夜に降った雨は止んだが空はどんより

行けるとこまで行き、最悪ルート変更という事で出発

今回のメンバーは、TDM850、TRX、FZR250、YZF-R1、BMW、と私のセロー225と少し寂しい人数

Tomi まずは1号線から52号線へ、山梨へ入った所で早くも小雨が

途中でレインスーツを着て「とみざわ」の道の駅へ

大きなたけのこが生えてました、食べられないみたいです

北の空が明るくなってきたのでレインスーツを脱ぎ出発、小雨が降ったり止んだりの天気のまま北上

しかし、オフロード車の特性を私は理解していなかった

前輪が跳ね上げた水が足に掛かってしまう、オンロード車では考えもしていなかった事態に膝から下はぐっちゃり、靴の中には水が貯まる始末・・・

諦めて52号から県道12号を経由し20号に出た所のコンビニで2回目の休憩

さらに北上に小淵沢ICを通り八ヶ岳高原道路へ

雨が本降りになってきたのと、気温が下がってきた為、再びレインスーツを着る

天気が良ければ最高のはずの道を西へ、清里駅方面へ向かうと清泉寮があります

Sei うちらが良く行くのはキープ・ファームショップという建物です

離れにある為、駐車場が空いていてお店もそんなに混雑していないのでおすすめです




Hum

ちょうど12時だったのでここで昼食を

煮込みハンバーグ1100円

なかなか美味でした

普段ならここでソフトクリームとなるはずでしたが、7月だというのに肌寒く腹を冷やすとあれなんで今回はパス

天気が不安定な為、長居無用にて帰路につきます

141号を南下し20号へ、そしてすぐに52号へ戻ります

52号を少し走った所で小休憩、私はこのタイミングで給油を行います、この時点で200km走行

燃費計算を行ってみましたら32.5km/Lと、とんでもない低燃費になりましたセロー恐るべし

その後、52号からはなれて県道12号で寄り道

桃の無人販売所でプラムを食す、よく分からんが県道を南下

三度52号に戻り「ゆばの里」にて休憩、雨は完全に上がり路面は乾いていたのでレインコートを脱ぎ収納します

バイク屋店主からまんじゅうをごちそうになり、ここでも長居無用にて52号を南下します

静岡に入ったら急に暑くなります、静岡はどうやら雨は降ってなかった様子

そのまま1号に出て清水ICで皆と別れ帰宅

家に戻り、濡れた靴を洗い、バイクカバーを掛け本日は終了

例年8月は暑いのでツーリング開催は無しなのですが、以前あったナイトツーリング復活なるだろうか?また海ほたるへ行きたいと思う(が懐が寂しい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マフラー交換

ココログの大規模なメンテナンスが終了し、普通に動く様になりました

夜は若干重めですが許容範囲です、でもこれが当たり前なんですよね・・・

半月前の話になりますが、CBRが無事車検を通過したのでマフラーを元のTSRへ

吸気、点火マップがフルパワーなのに排気が国内ノーマルだと全く走りません、マフラー周りが大変熱くなり、全開くれるとブレーキランプが溶ける恐れがあります

Cbr 3回目になると慣れたもので、迷わす作業は進みます

熱で変形、なめてしまったボルト類は交換しておきます

タイヤの隅が余ってる・・・昔と違って最近元気がない、まぁノーマルタイヤだし

Neko

そんな作業を近くで見つめるぬこさん、あ寝てますね

このお方、人間馴れしているらしく触っても怒りません

でも怪我の跡が痛々しい

CBRのマフラー交換が終わったところで次は親の原付のオイル交換です

前回500km走行時に適当なの入れたので今回はちゃんとしたのを入れます

ホンダ純正ウルトラE1(スクーター専用)、1000円前後の物です

Se 一通り作業が完了したら、セローのキャブ内のガソリンを抜き、水抜き剤を入れます、放置期間が長かったとの事だったので念には念を入れておきます

そしてセローに跨り買い物へ、気軽に乗れるバイクというのは本当に良いです

近くの南海部品(オートバイ用品店)でタンクバックを購入、セロー用ですので大きい物は使えません

地図と小物が入れば良い程度のものです、ちなみにCBRはタンクの外装が樹脂な為マグネット式は使用できません

そして明日は久々のツーリング、雨予想だった天気予報が変わり降水確率が低いのでやっと行けそうな予感

暑い時期だし(真夏の昼にCBR乗ると熱中症になります)高速に乗らないルートなのでセローで出撃予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セロー整備

本日2回目の投稿、もっとタイムリーに更新できればよいのですが

何故かココログが異常に重いのです、夜なんてログインすら出来ない状態

休日の昼間でも気長に待てばなんとか更新できるかな?レベル

来週に大規模なメンテナンス入るみたいですがこれでダメなら移転ですね(もしくは終了?)

さて、本題に入ります

納車時にかなり良く整備して頂いてありましたが中古である以上気になる所が数点出てきます

まずはクラッチが重いので、ワイヤーを専用のツールで注油します

レバーが若干曲がっていた為ブレーキと共に新品交換、稼動部はグリス塗布

リターンスプリングは除去、これでかなり軽くなりました

P1000258 次にオプションのナックルガード取り付け、オフ車はこれが格好いい

そこで疑問、クラッチレバーホルダーが同梱されていたのですが、これ単品で買うと1544円

セットで買うとホルダーとボルト類も付属して2000円、ナックルガード本体はいくら?

あとはレバーの遊びやハンドル角度などを自分に合わせて調整

P1000259 車載工具が錆ていたので556を吹き付け、一緒に交換したレバーを予備として格納

最後に空気圧を点検して終了です

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道具の準備

前回、バーナーとクッカーを購入し、残りの道具を買いにアウトドア専門店Sへ

林道デビューしてないにも関わらず、道具だけは揃ってきました

001 まずはマグカップ、snow peak製

見た目は普通ですが、素材がチタン!めちゃ軽です





002 ケトル、同じくsnow peak製

容量は0.9Lと小さめ、カップラーメンだとギリギリ2杯ってとこでしょうか

コーヒーだと3杯、まぁ1人だから十分ですね



003 フォーク、またまた同じくsnow peak製

割り箸で良いのですが、やっぱこういうのは雰囲気が大事ですから




なんとなく同じメーカーで固めてみました、初めは夏山行くのに雪?と思いましたが、このメーカーのホームページ見たら好感が持てたので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セローで買い物

セロー納車から一週間、車体の写真を撮ってないという事に気づき公開

P1000250セロー225WE 97年式、排ガス規制前最終型にて225ccでは一番パワーが出ていたと言われているモデル

チューブレスリヤタイヤ、10リッタータンク採用と魅力的である

本日の天気予報は悪く午前中は雨だったが、午後から晴れてきたので人間の慣らしと買い物へ

買い物目的はキャンプ用品です、そうオフ車を買った理由が林道を走って山の中でお湯を沸かしカップラーメンを食べコーヒーを飲む事!それにはバーナーとポットが必要になります

まずは家の近くのディスカウントストアSへ、狙っていたバーナーとクッカーがあったのでとりあえずチェック

次に本格的アウトドアショップWへ、うむ・・良かろう高かかろうです、私ごときにはもったいない品物ばかりです、お湯沸かすだけにコールマン(一流メーカー)などその道のプロの人達に怒られてしまいそうです、チタンのポットとか(以下同文)

そして次に隣のDIYストアのJへ、まぁ品数少ないです、Wと同系列だからですね

最後にちょっと離れたディスカウントストアSの大型店舗へ、家の近くと同じでした、在庫は多いんだけどねー

結局は家の近くのSまで戻ってバーナーとクッカー(ポット)を購入、カップも探していたのだけど気に入った物が無く見送り、一度に全部揃えたら楽しみが減りますからね

そして今日の戦利品はこちら

P1000251_1イワタニ製バーナー、家庭用ガスコンロっぽいがこれがまた優れもの!

家庭用のガスボンベを使える為、家に有り余るボンベが消化できる上に非常用にも便利

コンビニでもガスボンベが買えるお手軽さ、ボンベが横刺しの為低重心というのもポイン ト

欠点はアウトドアって雰囲気がちょっと崩れるって所かな

P1000253クッカーはLOGOS製、使い勝手がわからなかったのでとりあえずって感じ、ちょうど安かったので

蓋がフライパンになるのもポイント、将来的にはウィンナーとかちょっとした物が焼けれるかな?と

あとはカップですが、これはデザインと材質にこだわりたい、色々な店を回ってから考えたいと思う

あちこち回って150kmぐらい走行、山道と街中を半々ぐらいで燃費は29km/ L!予想外の燃費の良さです、250kmは軽く走れる計算になるので日帰りなら無給油でもいけそうです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »