« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

GW天橋立ツーリング後編

P1000223 二日目、朝食を済ませ宿を後に



海沿いの178号線を西へ向かい宮津湾を回り込み笠松公園へ

「傘松公園は天橋立の松並木が海の上に「斜め一文字」に眺めることができ、
天橋立を見下ろす絶景の展望所と自然公園「股のぞき」の名所でもあります
天橋立を股の間からのぞくと天地が逆転し、まさに天に架かる橋のように見えます」

との事です

バイクで上がる事が出来ないので駐車場に止めてケーブルカーに乗ります

P1000230そして公園からの景色がこれ

ああ、そういう事かという感じです



P1000234下りはリフトで、ここからの景色も良かったです

リフト乗車中は写真を撮ったり、振り向いてカメラ目線を向けたりとか危険ですのでやめましょう

各自給油を行い、綾部宮津道路から近畿自動車道へ、小浜西ICで降ります

P1000244 しかしここでトラブルが!!TL-Rのサイレンサバンドが折れました、ツインの振動でしょうか

バイク屋主人がどこからか針金を拾ってきて応急修理完了です、この辺りは適当です


7b06 27号線に出てさらに東へ向かいます、ここでは事故渋滞で厳しい状況でした

敦賀ICで再び高速へ、北陸自動車道を下り賤ケ岳SAでちょっと遅い昼食

ここまで来ると疲れのピークで思う様に距離が伸ばせません

名神高速道路に入り養老SAで休憩、ここからはSAごとに休憩ってとこでしょうか

P1000247 そして次は上郷SA、東名高速に入り浜名湖SAへ

ツーリングに慣れている人なら起こる現象かもしれませが、疲れのピークを超えるとハイモードになり疲労感が何故か飛びます

渋滞も無いので次のSAまではR1と楽しいペースで走行

そして牧之原SAに到着、ここが最後の休憩になるので各自解散となります

お疲れ様のご挨拶をし、それぞれのインターへ向かいます

私は単独で清水ICで降り、家の近くのGSで給油を済ませ帰宅です

帰りは渋滞が少なかったとはいえ二日間で900kmはかなり堪えました

来月は近場かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW天橋立ツーリング宿編

Hamanoya 今回の宿は民宿「浜乃家」さん、海水浴場近くの静かな住宅地にあります

お風呂があまり広くないとの事なので、入浴組と買出し組で分かれて行動、私は後者の買出しへ

持ちこみOKなので夜のアルコールとおつまみを幹線道路に出た所のストアーで購入

地酒の日本酒とカクテル、焼酎、あと私の独断と偏見で白ワインとロゼを購入、夜に備えます

P1000213 帰りは違う道を通った所、1800年の歴史がありそうな信用金庫さんを発見、インパクト大です


宿へ戻り先発入浴組が出たのを見計らってお風呂へ

塩泉との事でしたが、長く浸かるのが苦手なので長居せず退散、でも良いお湯でした

P1000214 そして夕飯、船盛り付きです!この料理で1泊2食付9000円は安いです!幹事様には感謝です

そして部屋に戻って飲み会!

と思ったのですが、昼の渋滞の疲れで皆ぐったり・・・生きてる者でチビチビやりました
(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW天橋立ツーリング前編

今年も行ってまいりました1泊ツーリング、目的地は京都、天橋立

かなりの距離があるのと浜松、名古屋の渋滞も分かっていたので今年はそれなりの覚悟で挑みました

出発が朝6時で5分前ぐらいにバイクショップに着いたが、いつものごとく集まっておりません、そんなもんです、基本です

15分後ぐらいにメンバーが揃った様なので出発、幹事様が見当たらないがあまり気にしない、人が減るとか見当たらないのはここでは日常茶飯事です

静清バイパス→焼津で高速へ、渋滞が起こらないうちに距離を稼ごうと浜名湖SAまで

と思ったのもつかの間、磐田袋井で既に渋滞、先が思いやられます

浜名湖SAで最初の休憩、幹事様は既に隊列へ合流していたとの事です、さすがモビスタ

ここから渋滞が本格化する為、長居はできません次の休憩場所上郷SAを確認し出発

ここからは渋滞地獄!車と一緒にのんびり走ったり止まっていたら熱中症と左手の握力がやられますので、走行車線と追い越し車線間をすり抜け、路肩側はおまわりさんに見つかると即キップなので走行してはいけません、たまにアメリカンが走行していきますが釣られたら負けです

バイクに乗られない人には分からないと思いますが、すり抜けにも渋滞が起こります、バイク暦が浅い方々だと思うのですが、少し狭いと必要以上に減速したり、と思えば急加速したりとリズムがとても悪いです、走る事で精一杯で周りが見えてないのでしょう、後ろの排気音やハイビームに気づいたら避けて先に行かせて頂きたいものです

なんだかんだで上郷SAに到着、ここで既に4時間経過・・・通常の倍時間が掛かってます、あまりゆっくりしていられないので腕の痺れが治ったところで次の養老SAへ向けて渋滞の中へ再突入

名古屋までは相変わらずの渋滞でしたが、越えた所でそれなりに流れ初めていましたので比較的楽に到着、養老SAで給油と昼食、ここまでの走行距離240km

次の関ヶ原ICで下りて365号線を北上、まぁここも渋滞です、つぎの目的地は琵琶湖畔、竹生島のりばのドライブインへ

P1000208 奥琵琶湖パークウェイを西へ、ここはちょっとしたワインディングロードになってましたが攻める気力なし、軽く流して次の休憩所へ

国道303号→27号と経由し福井県、小浜市に入った所で給油と休憩、時間は既に3時を超えておりペースアップが必要と判断、27号を走行する予定を舞鶴若狭自動車道に変更、小浜西ICから舞鶴西ICへ

再び27号から178号へ入り宮津市へ、ここらへ来ると疲れで記憶が曖昧、全員無事に今晩の宿へ到着(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリアウィンカー

最近流行りのクリアウィンカー、テールランプが折角のLED+クリアレンズなのでウィンカーも合わせてみようと

P1000191 用意したのはキジマ製レンズとPOLARG製オレンジバルブ

注意するのはバルブ形状、元々オレンジバルブの車種はピン角が違います、ピン位置が水平のオレンジバルブは極端に数が少ないです

レンズの注意点は、左右同じ様に見えますが、ビス取り付け部に切り欠きがありますので別々の品番を用意しましょう

P1000194 取り付け後がこれ、やはりオレンジバルブが透けて見えます、後々にステレス化(シルバーバルブ)要検討です








P1000202 ついでに行った作業がリフレクタ移設です、ナンバー下にありましたが(過去記事フェンダーレスを参考)もっとすっきりさせたい為マフラー上にしました。これじゃ反射しにくいのでは?付いてればいいのです





P1000201 前にシガーソケット設置を見た友人A君(仮名)より、バッテリ~ソケット間にヒューズねーのかよ?とツッコミが入ったので付けました、まぁどうでもいいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »