トップページ | 2006年4月 »

今年初乗り

4月のツーリング予定が決まり、その前にバイクのチェックと体の慣らしの為にいざ御前崎へ

と思い立ったのが土曜日の昼頃、どこまで行けるかですかねぇ

行きは高速、帰りは国1バイパスで予定

前もってバッテリ充電、オイル交換の甲斐あってすこぶる絶好調

出発は13時30分、まず清水ICから高速に乗り吉田で降りる、仕事で散々走ってるところなので新鮮さがまるで無い

150号に出て御前崎方面へ、天気もよくバイクもちらほら。早速061000RRと遭遇!

灯台とサーファーを見ながら浜岡原発の横を抜け牧之原へ、高速ICを素通りし金谷方面へ北上し国1バイパス金谷IC手前のコンビニで休憩

ここで時間が15時、距離は100kmぐらいって所でしょうか、あとはひたすら国1バイパスを静岡へ

帰り道で行き着けのバイク屋に寄り、しばし雑談

P1000068 ちょうど納車前の青いバイクのオーナーがいらっしゃったので、RR談話を少し

フルパワー化が最大の課題となるのでしょうか、なかなか情報が流れてこないので大変なご様子

そして無事に家路へ、走行距離150kmでした

特に体がきついって事もなく来月のツーリングは大丈夫そう




と思いましたが2日後に筋肉痛が・・・・年かorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リアブレーキホース交換

4月、5月のツーリング予定が決まり出し、そろそろバイクに乗ろうと思う今日この頃

そこで!去年の秋から押入れの肥やしになっていたブレーキホースの交換という事で

P1000053SWAGE-LINEステン ブラックスモークコーティングホース

煌びやかなアルミアルマイトバンジョークリアーホースという選択肢もあったのですが、さりげないお洒落という感じで、クリアーホースは黄ばんでくるしね

取り付けはボルト3本のみで行えますが、横着をするとブレーキオイルまみれになり大変面倒な事になります、で横着しない方法で交換を行います

まず、交換時邪魔になる周辺パーツを外せる物は外しておきます

P1000052 ブレーキオイルタンクはそのままではオイルを注入できませんので、シートカウルを外すか、写真の様に取り付けボルトを外し適当なレンチを刺して動かせる様にしておくと楽です

そしてタンク~マスターシリンダ内のオイルを抜き取っておきます、何故かというと、残ってる状態でマスター側のバンジョーボルトを緩めると、タンク内のオイルがとめどなく溢れてきます、大惨事です


P1000054 ホースを交換し仮止めします、ホースの配置、ねじれを修正し規定トルクで締め付け、エア抜きを行いますエア抜きは適当です、ガツンと効かない様にあえて残しぎみに・・・じゃなぜ交換したかって?見た目です、それだけです。どうせリアブレーキなんて使ってないのです、飾りです。2stの乗り方が染み付いていて抜けていないのでしょう



P1000055 エア抜きまで終わったら漏れたブレーキオイルをクリーナーで脱脂します、塗装面に付着したまま放置すると塗装が剥がれます

面倒ではなければ洗車もしておくといいかもしれません、思わぬ所にオイルが付着している事もあります




P1000056 そして外したパーツを戻し完了です、パッと見どこが変わったか分かりません、マニアな人なら分かります、それでいのです





最後にバイクカバーを掛けて終了・・・・また今日も乗らず orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンフィルター

3月に入り、温かくなってきましたね

春といえば始まりの季節、寒い冬から目覚めて世の中が動き出す様な感じ

でも、そんな春は

大 嫌 い で す

というのも黄色い悪魔、そう杉花粉です、奴らが舞い降りるのです

5年前ぐらいから始まったのですが、年々悪化の傾向で・・・

せめて車での移動中だけは花粉から逃れたいと思い

P1000039 富士の中古パーツ屋で新古品を購入、メーカーが在庫抱えすぎたのだろうか?通常価格の半額でした

花粉や細菌、排気ガスも防ぐ優れものらしい

交換は工具も必要なくあっけなく終了、純正フィルターは破棄、4年間ありがとうございました

花粉に対する効果の程は、まぁ分かりません。そもそも服や髪の毛に付着した花粉を車内へ持ち込んでいるのですから。

でも気分的には◎、カビ臭さは消えました(純正フィルターが黒かった様に見えたが・・)

それほど高価な物ではないのでこれからは毎年交換するとしよう

P1000042 本日のぬこさん、ご近所にお住まいのご様子

3m以内に近づくと逃亡、てか人の家のベランダで寝るなら逃げないで下さいっと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オイル交換

3月に入りそろそろバイクに乗りたくなる今日この頃、

それにはまずは1年以上交換していなかったオイル交換という訳で。

その前にセルが回るかバッテリをテスターで測定、

12Vジャスト

はい、上がってます本当にありがとうございました。

前もって用意しておいたバイク専用の充電器に繋ぎ、充電している間に親の原付(テゥデイ)のオイル交換をするとしよう。

新車で買って4ヶ月、未だ600kmと距離が伸びていないが早い分には問題無いと思いつつ、過去にミニバイクレースのミッションオイル用に買い置きしてあった製造年月日が3年前のやつに交換。

P1000017 結構汚れてます、というか緑掛かってます、

もしかして最近の新車には慣らしを行う為の添加剤が入ってた?

まぁいいや、鉄粉が混じってキラキラしてたし。

入れたオイルはホンダ純正の一世代前のやつでウルトラUってやつでSJ10w30、まぁふつーの奴ですな。

規定量(0.7㍑)入れて最後にレベルゲージでチェックし終了。

さて本題のCBR1000RRですがセルがかろうじて回るまでバッテリが復活し、オイルを温めるべく町内一周。

そしてロアカウルを外しドレンからオイルを抜きます

P10000181700kmしか走ってないですが結構汚れています、てかまだ鉄粉がキラキラ出ております。

まぁ、延べ走行距離2700kmですから慣らし途中ですかね、1年半前に買ったのに・・・

気分的にオイルフィルターも交換、締め付けトルクはドレンが29Nm、フィルターが27Nm。

P1000020オイルの銘柄はこれ、決め手は値段

前は300Vを入れてたがあまり乗らないし良さも体感できる程腕も無いのでこの辺りで落ち着こうと思う。

P1000023色はワイン色なんですねー、匂いはモチュールみたいな甘い匂いでは無く、いかにも化学合成油って感じ?でした。

規定量の3.1リットルを注入ししばしアイドリング、そしてエンジンと切り油面が安定した所でゲージ上端になる様に調整

そしてバイクカバーを掛けて終了!乗る気ねーじゃん orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »